経営の目的は利益ではない

【質問】あなたは何のために経営をしていますか?

こう聞かれたら、何と答えるでしょうか?この質問は重要です。経営理念を考えるうえで最も根本的で大切な部分となります。次の文章を読む前に、1分だけでもいいので、本を閉じ、目を閉じて自分なりに考えてみてください。

経営者であれば、自分が経営をする目的、動機を考えるということです。経営者でない人は、「何のために仕事をしているのか?」と置き換えてもいいと思います。自分の部署という会社を経営しているとしたら、それは何のためでしょうか?「経営の目的は利益を出すことだ!」と、ある上場企業の役員が大勢の社員に向かって大きな声で話をする会場に居合わせたことがあります。しかし、この発言は間違いです。

たとえば、P・F・ドラッカーは『現代の経営』(ダイヤモンド社)の中でこう言います。「『事業体とは何か』を問われると、たいていの企業人は『利益を得るための組織』と答える。たいていの経済学者も同じように答える。しかし、この答えは、間違いであるだけではない。的外れである」つまり、「経営の目的は利益を出すこと」と考えることは間違いなのです。さらに、的外れであるとドラッカーは述べています。

利益の役割は、(1)業績悪化への備えであり、(2)将来投資の費用であり、(3)業績を見る指標であるといいます。

「経営の目的は利益を出すこと」という考え方は、「働く目的はお金を稼ぐこと」「生きる目的は食べること」という考え方に似ています。たしかにこういう考え方があるかもしれませんが、もう少し違った見方をしてみましょう。

では、経営の目的とはいったい何なのか?

「『全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること』これ以外に、企業の目的はないと、私は思っています」(稲盛和夫/『心を高める、経営を伸ばす』PHP文庫より)

ドラッカーは学者であり、世界を代表する経営コンサルタントですが、実業をしたことがない人です。一方、稲盛和夫氏は世界でただ一人、1兆円を超える企業を2社つくり上げ、1兆円を超える企業1社を再生した実業家です。稲盛氏のつくった京セラの売上は1兆4474億円、KDDIは4兆3336億円、事実上倒産した日本航空(JAL)の会長に就任し、再建後、売上は1兆2000億円、利益は2000億円を超える過去最高となりました(2014年度3月現在)。

つまり、「世界最高の実績を出した経営者」と言っていい稲盛氏が、経営(企業)の目的は「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」と述べているのです。この考え方で圧倒的な業績という結果が出ているのですから、反論しようがないのです。

したがって一度、「『全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献する』これ以外に、経営の目的はない」とわれわれも思ってみることをおすすめします。さらにドラッカーは、企業は顧客に貢献することで、社会にその存在意義が生まれると述べています。

「事業の目的として有効な定義はただ一つである。それは、顧客を創造することである」(P・F・ドラッカー/『現代の経営』ダイヤモンド社より)

ここで、稲盛氏とドラッカーの両方の思想を統合すると、「ビジネス(商売)の目的は顧客を創造することであり、会社を経営する目的は社員を幸せにし、社会に貢献することである」といえます。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム