日米の価値観の違い

日米における価値観の違いがあります
これが経営の思想にでます

アメリカ型の経営は効率と利益追求
日本型経営は社員の幸福の追求

どこからこの違いが来るかと考えると一つは宗教だと思います

キリスト教など砂漠で生まれた宗教は自然をコントロールし征服する、対峙する、戦争をするという思想が根底にある

それは、そうしないと生きていけなかったからでしょう
自然環境が厳しいからです

しかし、日本はそうではない
水や気候、海の幸、山の幸に恵まれ
争ったり、征服したりする必要がなかった

自然環境がやさしい
自然に感謝して「いただきます」と生きてきた

数千年続くこの歴史がDNAに刻み込まれ日常の思想と行動に表れる

アメリカの狩猟型の経営はどううまく取ってくるか
日本の農耕型の経営は自然にまかせておく

日本では種をまき、木を植えれば自然に収穫があるという考え方です

だから、みんなで力をあわせようよ
自然に感謝して、幸せになろうね

自然から恵みを頂いたからお返しをしないとね
取り過ぎてはいけないよ

未来のために子孫のために、残しておくんだよ
という生き方です

確かに日本人には「宗教」はないのかもしれませんがそういった「思想」がある
つまり、「理念」があるということだと思います

このあたりが、アメリカ型の思想と違うところなのではないでしょうか?

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム