事業の目的 2

経営の目的とは何か?

あなたにとっても経営の目的は何でしょうか?何のために経営をしているのかが大切なのです
実は、この経営の目的を考える人が少ないのです

経営すること自体が目的ではないのです
経営とは人を幸せにする手段であり人を不幸にして経営をしても仕方がないのです
人を不幸にして自分だけが金持ちになる経営に価値があるのでしょうか?

売上を上げることが最大の目的になっている人がいますがそれは違います
売上最大だけが目的だと社員は金もうけの道具になり下がります
社員は経営のための手段ではありません
商品が売れているから社員をとる
売れなくなったらやめてもらえばいい
これ、社員が道具になっています
社員の採用は機械を買うのといっしょでしょうか?

経営は経営者の理念の実現
社員を幸せにし、社会に貢献するために会社という器があるだけです
経営の目的は全従業員の物心両面の幸福の追求と人類社会の進歩発展に貢献する
これしかないと稲盛氏は言います

つまり、社員が幸せになり社会に役立つということなのです
そのために経営をする
だから、社員を不幸にして経営をすることは間違っているのです
金もうけのために社員を道具として使う経営は間違っているのです

目的と手段が変わってしまっている
社員を幸せにする手段が経営なのです
経営とは人を幸せにする手段なのです

事業の目的

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム